鼻整形で自信を手に入れましょう|鼻高々の気分

ウーマン

団子鼻を解消するには

スキンケアする人

軟骨を縫い寄せる手術

日本女性に多い団子鼻は、愛嬌のあるかわいい形をしています。しかし、団子鼻の人の中には、スッキリとした高い鼻にしたいと思っている人も多いのです。団子鼻は鼻先の軟骨がしっかりしていなかったり、鼻の皮膚が分厚いことがほとんどの原因です。美容整形では団子鼻を修正するために鼻突縮小手術という方法で鼻の軟骨を縫い寄せて鼻先を高くする手術が行われます。これは鼻の中から縫い合わせる手術なので、外から傷跡が見えることはありません。しかし、鼻先の軟骨が小さい場合は、糸で縫いとめる鼻整形では効果が薄い場合があります。その場合は本人の耳の軟骨を鼻に移植する方法が行われることもあります。また、団子鼻を改善して鼻先をスッキリさせるのと同時に、鼻筋を高くするのにヒアルロン酸注射やプロテーゼを入れる場合もあります。ヒアルロン酸注射はプチ整形と呼ばれる人気の治療法です。注射一本で鼻整形が出来るので人気ですが、使われる薬剤によって持続期間が違ってきます。治療費が安い場合は薬液の持続期間も短いことが多いので注意が必要です。

Eラインが大切

プロテーゼも鼻整形によく使われる素材で、人の軟骨に近いシリコンでできています。これは、鼻整形をする人の希望に合わせた形につくるオーダーメイドです。この手術も鼻の内側から行うので傷が見えず仕上がりも自然な形になります。わし鼻を解消するために鼻整形をする人もいます。わし鼻は横から見ると鼻の中央が出っ張っており鼻先がたれています。これは顔をいかつい印象にしてしまいます。手術は出っ張った鼻の骨を削ったりプロテーゼを入れて鼻筋をまっすぐにする方法が取られます。それ以外にも、ヒアルロン酸注射で鼻の形を整えることもできます。鼻整形は単に鼻の形を整えるだけでは完璧とは言えません。理想的な美人顔を作るにはEラインをつくることが大切です。Eラインとは鼻と唇とアゴを結ぶラインのことで、これが一直線上にあると横顔のバランスが取れて美人顔になります。鼻筋を整える手術の時にアゴの高さを調整することで、バランスのいい横顔をつくることができます。手術前は医師としっかりしたカウンセリングやシミュレーションをして、理想的な鼻の形を見つけることが大切です。