鼻整形で自信を手に入れましょう|鼻高々の気分

ウーマン

鼻を理想の形に整えます

鏡を見る女の人

形の良い鼻で美人度アップ

鼻は、顔の中央にあるため、顔の印象を大きく左右する重要なパーツです。一般的に、眉間から鼻先が通っていて高い方が、美人と考えられています。しかし、日本人を含めた黄色人種は鼻が全体的に低くて、先端が丸い傾向にあります。そこで、多くの美容整形外科では、鼻整形を提案しています。鼻整形には、鼻筋・小鼻・鼻先の修正があります。鼻筋の整形は、全体的に鼻を高くしたり、鷲鼻を解消する方法です。この手術は、必要に応じてメスで切開したうえ、プロテーゼを埋め込みます。そうすると、横顔が見違えるほど美しくなります。小鼻の整形は、横に広がりがちな鼻孔の周辺を小さく整えます。これは、顔の印象を少しだけ変えたい人に適しています。鼻先の修正は、丸い鼻先をスマートな形に修正します。鼻先に関しては、縫うだけで手術が完了します。場合によっては、10分程度で理想の鼻の形を実現できます。また、手術後も腫れや赤みが発生しにくい利点を有しています。

傷跡が目立ちません

鼻整形は、手術後の傷跡がほとんど目立ちません。顔に傷があると、どうしても目についてしまいます。特に鼻は目の次に注目されやすい部分ですので、鼻整形は手術の傷跡を最低限にする必要があるのです。上述のように、鼻先の修正は縫うだけで完了します。手術後は医療用の針の小さな傷が残りますが、すぐに治癒します。そのうえ、腫れや赤みがほとんど発生しません。小鼻の修正と鼻筋の整形にはメスを使用します。しかし、小鼻の場合は、内側からアプローチすれば手術跡が顔に残りません。また、鼻筋の修正では眉間からプロテーゼを挿入します。とはいえ、ごく狭い切開範囲のため、大きな傷にはなりません。手術後は、眉間に赤みが発生しますが、1週間程度で消失します。短期間の傷でも気になる人は、ヒアルロン酸の注入が適しています。これは、肌の栄養成分であるヒアルロン酸を鼻筋に注射する鼻整形術です。注射針の穴は2日程度で消えるので、通常通りの生活を送ることができます。定期的に注射を受ければ、美しい鼻筋を持続できます。