鼻整形で自信を手に入れましょう|鼻高々の気分

ウーマン

治療計画を立てて行なう

美容整形

顔全体のバランスを考える

鼻整形を行うにあたっては、顔全体のバランスを考えることが大切です。鼻は、顔の中央に位置しているため、少しの整形で大きく印象が変わることがあります。とくに、目の変化は顕著に表れます。よって、鼻整形を含めたすべての手術結果がプラスに働くように、医師と入念なカウンセリングとシミュレーションを行う必要があります。それによって、均整の取れた理想的な顔立ちを実現できます。場合によっては、顔全体のバランスを取るために他のパーツの整形も考慮します。また、鼻整形に関しては、ダウンタイムを考慮する必要があります。美容整形外科では、手術跡が目立たないように最大限の配慮をしています。とはいえ、手術方法によっては、1週間程度は腫れや赤みが持続することがあります。その間、マスクで手術跡を隠すなどの対策をとれば問題はありません。しかし、中には、手術直後の状態で人前に出ることに抵抗を感じる人もいます。その際は、休日や週末など自身の生活スケジュールを考慮したうえで手術日程を決定すると良いです。

持続力がある整形が特徴

鼻整形には、さまざまな手術方法があるようです。その代表例として、プロテーゼの挿入・ヒアルロン酸の注入・切開手術・縫い留め手術などが挙げられます。プロテーゼを鼻筋に挿入すれば、どの角度から見ても整った鼻を手に入れられます。最近では、自身の軟骨から生成したプロテーゼを挿入する手術方法が登場しています。これは、従来品のプロテーゼによるアレルギー反応を起こす確率が低いメリットがあります。また、ヒアルロン酸を注入すれば、リーズナブルな価格で鼻を高くできます。ヒアルロン酸は、月日の経過とともに体内に吸収されていくので、定期的な注入が必要です。そして、切開手術は、鼻のふくらみを小さくしたいときに用います。小鼻のわきをミリ単位でメスで切り取って、小さな鼻の穴を形成します。さらに、縫い留め手術では、細い鼻先を形成します。鼻先の丸さや低さに悩んでいる人にとっては、最良の整形術です。これらの手術は、必要に応じて組み合わせることも可能です。それによって、思い通りの鼻をデザインできます。